6/10 応急仮設水道工事及び地盤伸縮計設置の案内

東急カントリータウン阿蘇
オーナーの皆様へ

株式会社東急リゾートサービス

 5月20日付けで発信させていただきました「東急カントリータウン阿蘇のインフラ整備・応急対応の進捗状況について」に記載された、応急仮設水道配管工事の進捗状況と地盤伸縮計の設置についてご報告をさせていただきます。

1.応急仮設水道配管工事進捗状況
———————————————–
今週から仮設工事の着工を致しました。個別引込みの為の道路掘削を先行して実施し、濁川北側別荘地(カントリータウン阿蘇第2期)については、県道を通る仮設本管(φ100?)から分岐する別荘内の仮設管(φ75?、φ50?)の配管作業も終了し、順次個別引込みを開始しております。濁川南側別荘地(1、3期)は来週中に、別荘内の仮設管配管作業が終了し、順次個別引込みを開始致します。

今後、宅内の給水管に支障がなければ通水できる状態になりますが、ご使用にあたっては、排水管及び浄化槽の状態もご確認の上でのご使用をお願い致します。
先日もご案内致しましたが、仮設給水管は、基本的には側溝上を露出の配管で行い、車の出し入れ部分に関しては、側溝の中を配管致します。

また、宅内メーターつなぎ込みの際に、宅内に立入らせて頂くことと、メーター廻りの掘削を予めご了承頂ければと思います。

工事中は工事車両の通行や道路掘削の騒音等でご迷惑をお掛けすることもある事と思いますが、宜しくご協力の程お願い申し上げます。尚、工事完了は今月末を予定しておりますが可能な限り早い完工を目指しますので宜しくお願い致します。

2.地盤伸縮計の設置について
———————————————–
今後の土砂災害対応のデータを得る為に、熊本県砂防課が主体となり、地盤の動きを観測する計器(地盤伸縮計やぬき板)を設置致します。

設置経緯
〇6月5日(日)
「住民避難説明会」で、当別荘地の地すべりに対する見解の問いに対して、熊本県 砂防課から地盤伸縮計を設置して経過観察を行う旨の回答有り。

〇6月8日(水)
熊本県砂防課が、カントリータウン阿蘇に来所。設置場所の確認実施。伸縮計5基、ぬき板4基を今週から設置開始予定。(添付資料(3)参照)

※地盤伸縮計とは、主として地すべりの移動状況の把握を目的に使用されます地割れ等の両端部に丈夫な杭を設置し、ピアノ線等をその間に通し、地盤伸縮計にて両杭間の動きを記録します。

ぬき板とは、地盤伸縮計同様に、亀裂を挟んで板を水平に渡し、真中にのこぎり目を入れて、切れ目の拡大やずれなどを測る方法です。(添付資料(1)(2)参照)

尚、濁川北側別荘地(カントリータウン阿蘇第2期)の仮設トイレ横に仮設ゴミ庫を設置致しましたのでご利用頂ければと思います。
弊社としては、別荘地の管理者として皆様方が安心してお暮らしいただけるように、仮設給水タンクやトイレの維持管理等と共にインフラ等の仮復旧の当面の対応を引続き継続していくと共に、本格復旧に向けたインフラ整備につきましても更なる行政への働きかけと協力を継続していきたいと考えております。

今後も皆様にお知らせできる内容については、迅速にご報告をさせていただきたいと思いますので宜しくお願い致します。

《お問合せ先》
株式会社 東急リゾートサービス 別荘事業部
〒107-0062 東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル10F
電話番号 03-5414-1743
E-mail: asotown@resortservice.co.jp
受付時間:10:00〜17:00